電話連絡なしのキャッシングならフリーランスでも安心

フリーランスのキャッシング利用時には電話確認が無いことも

いわゆる「サラリーマンやOL」として企業に属している場合、キャッシング申し込み時に自分が勤務している会社の情報をそのまま申告するという形になります。在籍確認に関してもその申告された会社宛に行われるのですが、フリーランスの様に特定の職場が無い(自宅勤務など)の場合には、電話連絡なしで契約となることもあります。

全ての場合で電話連絡なしとなる訳では無いのですが、勤務先と自宅住所が同じ状況であれば敢えて電話で確認する必要性も低くなるため、他の手段で確認が行われることもが多くあります。自宅以外でも、自分一人しか働いていない環境(レンタルオフィスなど)であれば電話連絡なしの可能性があります。

代わりに証明書等の提出数が増えることもある

フリーランスは電話確認不要でキャッシング契約が出来る可能性があるとは言っても、無条件でそうなる訳ではありません。それでは消費者金融側のリスクが跳ね上がってしまうことになる為、電話連絡以外の方法で勤務の実態を証明することになります。

例えば、レンタルオフィスなどを使っている場合には「自分が契約者であることが確認できる書類」などの提出が必要になったりします。自宅の場合には住所が証明できるものだけで良いのですが、どちらにしても「収入を証明する」という部分に大きなウェイトが置かれることになります。

企業に属していれば社会的に信用力のある書類を作成することも簡単なのですが、フリーランスの場合は収入の実績を自分で証明する必要があり、確定申告書の写しなどがほぼ必須の状況になります。